不妊治療の助成

町では不妊治療を受けたご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成しています。

令和4年度から不妊治療は保険適用になりますが、移行期の治療計画に支障が生じないよう、令和4年3月31日までに治療を開始し、令和4年4月1日以降に終了した「年度をまたぐ1回の治療」は現在の助成事業の経過措置対象として町の助成を行います。

・対象となる不妊治療

次の保険適用外の不妊治療が対象です。
①特定不妊治療(体外受精、顕微授精)
②特定不妊治療以外の保険適用外不妊治療(人工授精など)

※ただし、夫婦以外の方から提供された精子・卵子・胚による不妊治療や、代理母、借り腹による妊娠・出産する方法は除きます。

・対象者

対象者は、次のすべての条件を満たす方です。
①大空町に住所がある方
②法律上の婚姻をしている方
(原則、法律婚を対象とするが、事実婚関係にある者も対象とする。)
③不妊治療をしなければ、妊娠の見込みがないか極めて少ないと医師に診断され、
実際に治療を受けた方

・補助金額

特定不妊治療:1回7万5千円
(北海道助成対象外特定不妊治療10万円まで)
特定不妊治療以外の保険適用外不妊治療:1年度あたり5万円を限度

※詳しくは担当に問合せください

【お問い合わせ】
福祉課健康介護グループ 0152-74-2111

<担当課:福祉課健康介護グループ>

前の記事

不育症治療助成

次の記事

保育支援