INTERVIEW企業紹介

工夫してお客さまの課題を解決し、
確かな技術と経験で信頼される職人集団。

株式会社メタルワーク
尾﨑 功弥
Kouya Ozaki(20歳)
2018年入社

株式会社メタルワーク
尾﨑 功弥
Kouya Ozaki(20歳)
2018年入社

札幌市出身。6歳から柔道を続け、高校のときの練習合宿で大空町を訪れたことをきっかけに、高校卒業後新卒で株式会社メタルワークへ入社。現在入社2年目。現在は工場の金属や鉄を用いた加工品の製作や、現場での施工作業を担当している。

住宅リフォームやステンレス加工・サッシ販売などを専門としている株式会社メタルワーク。確かな技術とスピードで厚い信頼を集めています。今年入社2年目となる尾﨑功弥さんは、高校卒業後に札幌からやって来た会社で一番年下の期待の若手! 先輩や上司たちの指導を受けながら取り組む仕事について、お話をお聞きしました。

高校時代に柔道で知り合った知人の紹介で、メタルワークへ

僕は6歳の頃から柔道を始めて、地元札幌の高校でも部活で柔道を続けていたのですが、その練習合宿で大空町にきたことをきっかけに、知り合いの紹介でメタルワークへ入社することになりました。最初に大空町に来た時は、正直なにもないなぁと(笑)。その当時は、まさか自分が大空町で働くようになるとは思いませんでしたね。メタルワークを紹介してくれたのは、その時に柔道の合宿を仕切っていた方なんです。元々高校を出たら働きたいと思っていて、できれば親元を離れて地元の札幌ではないところで、自分の力で働きたいと思ってきました。

自分の手でつくったものを、最後の取り付けまで担当できるのがこの仕事の面白さ

僕は現場に出て外仕事をしたり、工場で金属や鉄などの物をつくる仕事をしています。入社前は難しそうだなというイメージを持っていて、最初は本当に何もできない状態での入社でした。実際に入社してみると、やっぱり難しいことが多かったので今も努力をしています。道具一つ使うのにも最初は慣れていなくて、使えるようになるまでに時間がかかったり、窓のサッシなどを取り付けるのにも、そもそも取り付け方がわからないので、それを覚えるのが難しかったですね。まだ一人では出来ないですが、上司にも教えてもらいながら作業しています。自分の手で作ったものを、実際に建物に取り付けるところまで責任を持って担当させてもらえるので、そこに面白さを感じています。

厳しくもやさしい上司に恵まれた、幅広い年齢層の職場

弊社では僕が一番年下で、他には30代の方から50代の方までおり、職場にはバランスよく幅広い年齢層の方が働いています。事務には女性も3人いて、社員は全部で14名です。仕事中はやっぱり厳しいのですが、わからないことがあった時も丁寧にちゃんと理解するまで教えてくれたりするので、とても優しい上司に恵まれていますね。質問がしやすくて、とてもありがたいです。皆さん話しかけると楽しく一緒に話してくれてうれしいですね。仕事の話の他には、自分は柔道の話をしたり、先輩は自分が二十歳の頃はこうだったよ、と自分の過去のことや体験などを話してくれたりします。

仕事に関するバックアップや、個人の都合を尊重してくれる雰囲気

僕はまだできないことがまだ多いのですが、弊社では見て覚えろという感じではなく、質問をするとわかりやすく教えてくれるので、そういうところが働きやすいですね。仕事に関するバックアップをしっかりしてくれるところがありがたいです。
残業もあまりありません。自分は今小学生に柔道を教えているのですが、そのことを皆さん知ってくださっているので、皆さんが残って仕事をしていても練習のある日は定時になったら快く送り出してくれます。そういう臨機応変にサポートしてくださるところがとても助かっています。他の社員の方も、今日は病院に行きたい等と用事を伝えると、仕事を抜けられるようにしているみたいです。休みもしっかり取れるので、休みの日は北見の方へ出かけたりして、メリハリのある生活が送れていますね。

人の腕が仕上がりを左右する仕事。だからこそ、道具の使い方を訓練する

今は道具をちゃんと使いこなせるようになって、一人でも取り付けなどができるように勉強しています。例えば、インパクトというプラスのドライバーが先に付いていて物を取り付ける道具や、サンダーという物を切るのに使う道具だったり。道具の特性を知って、訓練しないとうまくいかないことが多いんです。特に金属加工では切断だけの単純な加工もあるし、曲げて溶接したものをサンダーで綺麗に磨いて繋ぎ目がわからないようにするなど、その仕上がりは施工する人の腕によって全然違います。力仕事でもあり職人仕事でもあるので、繊細な神経を使う部分も必要です。先輩や上司たちの作業を横で見ていると、本当にすごいなって思います。どうやったらできるんだろうなと常に考えていますね。

やりがいを感じるのは、建築現場の最後の仕上げを一人で完了できたとき

少しでも自分が手がけた商品が出来上がった時に、やりがいを感じますね。それから、最近住宅用の網戸を一人でもつけられるようになってきたんです。網戸をはめるのは作業の一番最後になるのですが、サッシなどを現場に持って行って、最後の仕上げのようなタイミングで網戸をはめるので、余計にうれしいですね。始めは道具もうまく使えていなかったのですが、うまく使えるようになると上司がちゃんと見ていてくれて褒めてくれるので、それもうれしいです。でもやっぱりダメなことをしたら怒られたり、指導をしてくださったりもして、そこにもメリハリがあります。

思わぬ事態も熟練の技術とチームワークで解決のために努力する

弊社の強みを感じるのは、工事が終わった後にお客さまが「良くなったね」と喜んでくださったり、元請けさんに「やっぱりメタルワークはちゃんと仕事をしてくれるな」と言っていただいたとき。依頼をきちんとこなすことが弊社の仕事ですし、お客さまの会社に信頼していただいていることは強みなのかなと感じます。
時には難しい現場というのもあるんです。そんな時に「なんとかやってみてもいいですか」と話して、工夫して解決できると「よく出来たなぁ!」とすごく喜んでいだけることもあるんですよ。意外と、この仕事は思い通りにならないことが当たり前なんです。現場に行ってみたら、「あれ、全然違う」というようなこともしょっちゅうです。そこまで想定して工夫して、できなかったときには皆でアイデアを出し合います。そんな風に仕事をしているので、熟練の技術と経験があり、思わぬ事態も社員で力を合わせてチームで課題を解決していく姿勢もこの会社の強みなのかなと。

春はお花見、冬には忘年会。社員旅行も!

弊社には休憩が120分あります。これは他の仕事と違う点かもしれません。この業界ではそういうところが多いみたいで、昼の1時間休憩は普通だと思うのですが、その他に午前10時と午後15時に30分ずつ休憩を設けているんです。例えば、どこかの現場に入って一緒に作業をすると休憩の時間があるので、その現場の休憩の時間に合わせているのです。
あとは、僕は今年ちょうど風邪をひいて行けずに残念だったのですが、数年おきに社員旅行もあるところもポイントですね。皆さんは九州や沖縄にいくなどして、観光をしたり地元の美味しいものを食べたりしたみたいです。その他、年末に泊まりで忘年会や5月にはお花見(※1)などもありますよ。なので、仕事以外でもコミュニケーションを取る場がいろいろあって馴染みやすいのではないかと思います。
※1 北海道の網走方面の桜の開花時期は5月頃です。

海も山もある豊かな自然とやさしい人が暮らす大空町

今までは自然をちゃんと意識して来なかったような気がするのですが、大空町に来てから自然を見るようになって、すごく恵まれているんだなと感じるようになりました。地元の札幌にはなかった海も山もどっちもあるというのがいいなと。来る前と実際に住むようになってからで印象は変わりましたね。大空町は人もやさしい方が多いと思います。困っていると助けてくれたり、良い意味でお節介を焼いてくれたり(笑)。車がないと生活ができないのはちょっと不便ですが、大空町で働けてよかったなと思います。今は大空町に一人暮らし用の部屋を借りて住んでいるのですが、この部屋も「わざわざ札幌から新卒で来てくれるのだから」と、自分の就職が決まった時に会社の方がわざわざ探してくださったんですよ。それこそ、メタルワークを紹介してくれた柔道の関係の方は、その後も色々面倒を見てくださるお父さんのような存在です。一緒に小学生に柔道を教えていて、今も交流が続いています。

多種多様な仕事を覚えて、未来の後輩のために働きやすい環境をつくりたい

多種多様な仕事があるので、一人前になるまで10年くらいはかかると言われています。金属加工やサッシの取り付けも種類によってやり方は全部違うので、これから新しいものが出て来るとそれも覚えなくてはいけませんから、相当な知識がないとダメなんだなと感じています。道具を現場でも一人で使いこなせるように練習して、これから後輩の人が入社したとしても自分も上司のように教えてあげられるように、仕事をもっと覚えて働きやすい環境をつくっていけたらと思います。

未経験でも、社内教育でスキルアップができる環境

今回はパソコン系の事務でサッシなどの製品の発注業務や、作図ソフトを使って図面を作成する業務を主にやってくださる方を募集しています。それ以外にもパソコンで出来ることなら、なんでも取り組んでいただけたらと。あとは、自分と同じような工場や現場で作業をしてくださる方に各1名ずつ来ていただけたらと思っています。パソコン事務の方に関しては、もちろん専門的な知識のある方は大歓迎ですが、作図に関しては社内のできる方に教えてもらうことができるので、未経験の方でも大丈夫ですよ。

Company Profile株式会社メタルワーク

平成13年創業。オホーツク管内で、住宅リフォームや住宅用サッシからビル用サッシ工事、また建築金物工事など、設計・製作・施行までトータルで信頼とスピードを心がけ、建設工事に携わっている。

会社名:株式会社メタルワーク
設立:平成13年3月
代表者:代表取締役 工藤 弘光
従業員数:14名
資本金:1000万円
事業内容:
■建具・ガラス工事
■建築金物工事
本店:〒099-2356 北海道網走市呼人105-5
事業所:〒099-2356 北海道網走郡大空町女満別昭和158-6
TEL:0152-75-6311
Webサイト:http://metal-wk.com/

 

タグ: