INTERVIEW企業紹介

チャレンジ精神があれば、可能性が広がる
幅広い事業内容が魅力。

株式会社たいせつ
白神 喬平
Kyohei Shirakami(25歳)
2013年入社

株式会社たいせつ
白神 喬平
Kyohei Shirakami(25歳)
2013年入社

網走市出身。高校時代は野球に打ち込み、高校卒業後に新卒で株式会社たいせつへ入社。現在7年目となる中堅ベテラン社員。運転手のスキルと運ぶ資材に合わせたトラックを組み合わせ、スケジュールを組む配車業務を担当。

ダンプトラックや石油タンクローリーなどの一般貨物自動車運送事業や、観光バス、スクールバスなどの一般貸切旅客自動車運送事業、さらには整備工場やガソリンスタンド、ホテル事業、公衆浴場経営、土木資材販売と、幅広い事業展開の株式会社たいせつ。従業員数150名と大きな規模の企業だけあって、仕事の幅も広くチャンスが多いことも魅力です。今回は、配車を担当している入社7年目のベテラン社員、白神喬平さんにお話を伺いました。

子供の頃から好きだった、働く車を仕事に

小さい時から働く車が好きで、よくトラックなどのおもちゃで遊んでいたんです。それで、車関係の仕事に就けたらいいなと思っていました。家は網走なんですけど、高校生の時にこのまま地元で働くか、地元から通えるところで探そうかと考えていた時に、大空町でたいせつが求人を出していたのを見つけたんです。トラックなどの車が好きだったこともあって、興味を持ったことが弊社に入社したきっかけでした。

スケジュールを調整し、配車をする会社の司令塔的ポジション

弊社での僕の仕事は、現場やスケジュールなどの管理を行い、トラックや重機の配車を組む仕事です。入社した当初は運転手の日報の整理や集計をしたり、事務処理が中心でしたが、現在は自分がそのチェックを担当しています。配車を組んで、指示を出すという仕事ですね。


配車は複雑な条件をいくつも組み合わせる、パズルのような難しい仕事

配車は運ぶ資材によってもトラックの種類などが変わってくるので、なかなか難しい仕事です。現場がいくつかあるのですが、一例を挙げると「ダンプトラック3台ください」といった要望があった場合、その現場の条件に合う能力の運転手と車をセットで配車するという流れです。例えば重機は運搬しないと持っていけないので、それを運ぶのにも専用のトラックが必要です。何時にどこへ何を持って行く、という指示を組まなければいけないのが複雑で、パズルみたいだな、と思いました(笑)。RPGゲームでいう、パーティーを組むような感じですね。きちんと決められるとスッキリします。配車は明日のことだけじゃなく、数ヶ月先の現場のスケジュールも見越して予定を組み立てねばならないので、先々を見据えて別の現場を終わらせなければなりません。責任も重大なので、ハラハラすることもあります。家に帰ってからも、これでいいのかな、と一日中考えてしまったり……。でも、大変だけど結構楽しくて、僕はこういう仕事が好きなんです(笑)。皆さんに指示を出す仕事なので、一番大事な仕事の一つだと思っています。

幅広い年齢層で、相談しやすい温かな雰囲気の社風

職場は自分より若い人も上の人も多くて、年齢層は幅広いですね。あまり皆かしこまった感じはなく、気軽に相談できる社風です。いろんな年齢層の方がいる中で、わからないことも聴きやすい雰囲気があります。温かい人ばかりで、以前僕が運行管理者という資格に挑戦して勉強していた時も、上司や社員の皆さんが「がんばれ」とよく声をかけてくれました。落ちた時には「次また頑張れ」と。で、だんだん「もう次ないぞお前(笑)」と冗談で言われたりもして(笑)。そういうところは、プレッシャーをかけてもらったおかげで自分でも危機感が出てきて、「これは受からなきゃやばいぞ」と思いましたね。結構、自分はいじられキャラなんです(笑)。


積極的に有給を取得するよう会社から働きかけることで、プライベートも充実

お客さまの会社でも休みが増えてきていることもあって、弊社では時代の変化に合わせて有給などが取りやすい環境になっています。上司からも、「積極的に有給を取りなさい」と言ってもらえるので、休みが取りやすくていいなと思いますね。僕は趣味が魚釣りなので、休みの日はよくアウトドアに出かけています。この辺りは川も近いですし、湖もあって冬時期はワカサギ釣りもできますから。旅行にも行きやすいですし、仕事にもメリハリが出ますね。仕事は定時で帰れるので、帰宅してからでも資格の取得のための勉強時間をしっかり取れることもいいなと思います。

コミュニケーションが取れた時や、お客さまの「ありがとう」の言葉にうれしさを感じる

この仕事はお客さまが相手なので、配達ミスがないよう日頃から運転手や現場とコミュニケーションを密にとっていくことが大切です。でも、運転手にはお父さんやおじいちゃんといえるようなさまざまな年齢の方がいらっしゃるので、接し方が最初は難しくて。相手の表情を見ながら話すようにして、今はスムーズにコミュニケーションが取れるようになってきました。運転手の皆さんも自分のことを「喬平」って下の名前で呼んでくれたり(笑)。なじんできたなぁって、うれしかったですね。
やりがいを感じるのは、急いでいる配達物があって、行けますよと伝えた時に「いやぁ、助かるわ」とか「ありがとう」と言われた時。それから、この仕事には運行管理者という資格が必要なのですが、それに去年の夏にやっと受かった時には、心の底からうれしさが溢れてきたと同時に、これで第一線に立てるという安心感でホッとしました。内容は道路交通法や労働基準法、トラックなどの貨物の営業をするのに必要な認可などなのですが、僕はこの試験に苦戦していて10回は試験を受けたと思います。高校の野球部時代から『やらなきゃいけないことは、最後までやる』ということを叩き込まれて来たことや、社員の皆さんからの応援もあり、なんとか勉強を続けて資格を取得できました。

やるな! と上司に提案を褒めもらったことで、自分の成長を実感できた

自分の成長を実感するのは、考えを言った時に「やるな!」と上司に褒められた時ですかね(笑)。上司と相談しながら配車を組むこともあるんですけど、提案を褒められると自分の考えは合っていたんだな、と成長を感じます。上司が考えていなかったことを提案して、それがうまく噛み合った時には、上司はよく褒めてくれるんですよ。


バラエティ豊かな幅広い事業内容と、社員一人ひとりの温かな人柄が魅力

トラックなどの運送事業だけでなく整備工場や宿泊業も手がけるなど、幅広い事業内容は弊社の強みだと思います。例えば、ダンプカーしか扱っていない仕事をしていたとしたら、それが嫌になったら辞めてしまうと思うのですが、弊社の場合ですとその仕事以外でも資格があればバスの仕事があったり、ホテルの接客業があったりするので、要望にも柔軟に対応できるのかなと。これは会社の事業規模を維持していないとできないので、そこが弊社の魅力だと思います。一つの会社にいてジョブチェンジができるというのは、なかなかないことだと思いますよ。いろんなことにチャレンジしていけば就業年数も伸びて行きますし、それなりのポジションにも着けるようになってくるのかなと思いますね。なにより、居心地の良さも魅力だと思います。社員の皆さんが本当に暖かい人ばかりなんですよ。そして、弊社は温泉もやっているので、社員は風呂券がもらえて、無料で温泉に入れます! 僕なんかは、仕事が終わると着替えを持ってきて、お温泉に入ってから帰ったりしています(笑)。

選択肢の多い大空町は、アウトドア好きには最高の環境

大空町で働く魅力は、自宅のある網走から通える距離だというのが自分には大きいです。温泉もありますし、食べ物も美味しいですね。それに、やっぱり釣り好きには最高の環境です(笑)。僕は小学校4年生くらいから近場で海釣りを始めたのですが、働き始めてから車を持つようになり、川や湖にも行くようになりました。季節によって釣れる魚も違いますし、ふと「今日は釣りに行こうかな」と思えば、選択肢がよりどりみどりなのが魅力ですね。僕は自然が好きなので、キャンプにも行きますし友人と外でバーベキューをしたりもします。弊社はきちんと休みが取れる会社なので、友人と休みが合わせやすいのもうれしいです。この日は予定が合うから、焼肉をやろう、キャンプをやろう、と誘い合って遊んでいます。行ったら必ず釣れるわけではないので、まだやったことはないのですが、釣った魚をその場で調理して食べることもいつかはしてみたいですね。


組織としての結束を今以上に強めて、支え合えるワンチームに

最近、ラグビーをきっかけに「ONE TEAM(ワンチーム)」という言葉が流行りましたよね。そんな風に、この会社がこれから結束を今以上に強めて、協力し合って仕事をこなしていけるような組織になれればいいなと僕は思います。例えば、誰か一人が休んでも、他の誰かがカバーできる、そうなっていけたらいいなと。僕個人としては、まだ運行管理者の資格しか持っていないので、これからもっと資格を取得して自分をスキルアップさせていって、会社の皆さんからもっともっと頼られるような人間になりたいです。

コミュニケーション能力とチャレンジ精神があれば、活躍できる場

弊社は運転業務が多いので、トラックやバスなどのさまざまな車両があります。その運転ができる方に来ていただけたらと思いますね。大空町は定住のための補助制度も活用できますし、弊社には北見や美幌、網走から通っている社員も多いので、大空町の外の方にもぜひ応募していただければと思います。あとは、事務所の人間も然りなのですが、積極的に会話をしてくれる人。この仕事はコミュニケーションが大切ですし、わからないことがあればすぐに質問してくれるような、フットワークの軽い人を求めています。
弊社は、トラックに限らず整備工場やガソリンスタンド、ホテルや公衆浴場の運営などもやっていて、いろんなことに挑戦できる場です。何事も前向きに取り組んでいただけるチャレンジ精神のある方なら、きっと弊社で活躍してもらえると思いますよ。

Company Profile株式会社たいせつ

ダンプトラックなどの一般貨物自動車運送業や観光バスなどの一般貸切自動車運送事業をはじめ、整備工場、ガソリンスタンド、ホテル事業から土木資材の販売まで、一社で幅広い事業を手がける。

会社名:株式会社たいせつ
設立:昭和34年3月
代表者:代表取締役 中山 登
従業員数:150名
資本金:4,450万円
事業内容:
■一般貨物自動車運送事業(ダンプトラック・石油タンクローリー・家畜飼料運搬車など)
■一般貸切旅客自動車運送事業(観光バス・スクールバス)
■整備工場事業
■ガソリンスタンド事業
■ホテル事業(ホテル山水)
■公共浴場経営(美肌の湯・北見湯元のつけ乃湯)
■砕石および火山灰等土木資材販売
本社所在地:〒099-2323 北海道網走郡大空町女満別西3条2丁目1-13
TEL:0152-75-6015
Webサイト:https://taisetsu-co.com/main/

タグ: