ABOUTオホーツク網走管内・知床の玄関 大空町について

大空町は、平成18年3月31日、女満別町と東藻琴村が合併して誕生しました。
オホーツクの空の玄関女満別空港を擁し、網走湖、藻琴山、メルヘンの丘、東藻琴芝桜公園など四季の自然が豊かな町です。
主幹産業は農業で、麦類、じゃがいも、甜菜(グラニュー糖の原料)、豆類、野菜で、その他には日本最東端の米など多岐にわたって栽培されています。

▼都会が身近にあるまち
北海道の道東エリア、オホーツク網走管内・知床の玄関となる大空町には女満別空港があります。

なので、都会への交通アクセスがとても便利。
市街から女満別空港まで車で4分。
東京から大空町まで空路で100分。
名古屋から120分、大阪から130分。
都会まで気軽に行き来できる便利な立地で新しいライフスタイルを大空町で作ってみませんか?
仕事も家庭も趣味もいいとこ取りの欲張りな生活が手に入るかもしれません。

雄大な自然に囲まれた女満別空港から飛び立つ飛行機

▼のびのび育ち、育てるまち
大空と山と湖に囲まれ、のびのびと元気に育つ子どもたち。
芝桜や水芭蕉、ひまわりなど色とりどりの花たちに見守られ心豊かに育っています。
大空町では様々な支援制度をそろえ子育ての喜びを実感できる環境を作っています。
・子どもの医療費無料
・給食費無料
・小児ワクチン無料
・高校、大学進学支援
などなど、詳しくは支援詳細ページ

網走湖の女満別湖畔で遊ぶ子供たち
大空町内の街並み

▼過ごしやすい気候に恵まれたまち
年間通して晴天に恵まれ、夏は涼しく、梅雨もありません。
春はスギ花粉飛散が少なく、花粉症でお悩みの方にとっては天国のような場所です。

冬は本州から来る方々が思っているような、家から出られなくなるほど高く積もることはなく、生活に支障が出ることは少ないです。

雪質はサラサラなパウダースノーで冬のレジャーも思いっきり楽しめます。
冬の空は空気が澄んで、たくさんの星が煌めきます。